早期発見が大事

Permalink

どのような病気でも早期発見が治療の近道となりますが、癌の場合には特にそう言えます。癌は初期症状の段階ではとりわけ痛みなどの症状が出にくいものとされています。そのためもしも痛みなどで自覚症状が出た場合には、相当ステージが進んでしまっているということもあり得るのです。そうなってしまうとさまざまな治療法を駆使したとしても完治までには多くの時間やお金がかかってしまう可能性もありますし、最悪の場合生命に関わることもあります。そのような状況を避けるためにもできるだけ定期的に検診を受けることが大切です。無症状のうちに検診によってがんを発見することができれば、かなりの確率で癌の治療が成功するとも言えます。

研修癌によって現れる痛みもさまざまで、神経に浸潤していくことによる神経性の痛みの場合にはビリビリした感じがありますし、もし骨に転移している場合には骨が痛んだり少しの刺激で骨が折れてしまったりするということもありえます。また大腸などの周りに空間がたくさんある場所にできた癌細胞は、自覚症状として現れまでにはかなり癌細胞が大きくならないと分かりませんので、やはり定期的な検診が不可欠と言えるのです。癌は体のいろいろな部分にできる可能性がありますので、総合的な検診を毎年受けることをおすすめします。