NK細胞療法とは

Permalink

これまで人類は悩み続けてきた病気の一つであるがんですが、その治療法についてはこれまで数々の研究がなされ、その中でも1970年代に発見されたナチュラルキラー細胞、通称NK細胞は初期の生体防御機能において重要な役割を果たしています。近年ではNK細胞を利用して癌を治療する基礎研究や、臨床医学応用による癌の免疫治療というものも行っています。

癌これまで癌の治療方法としては手術による治療や抗がん剤投与による治療が一般的となっていました。放射線療法も広く行われそれなりの成果を上げてきましたが、こうした療法はどれも患者にとっては大きな体の負担ともなりかねません。また末期癌などにこうした治療法を当てはめてしまうと、副作用などによって体力が落ち、かえって寿命を縮めてしまうという危険性もあります。そのような中で近年期待されているのが第4の治療法としての免疫治療法です。免疫治療法とは患者一人一人の低下してしまった免疫力を高め、体内に侵入してしまったウイルスやしようといったものを排除するための治療法です。この治療法であれば副作用の心配もなく体に負担をかけないのが特徴です。そしてがん細胞を攻撃する主なものとして自然免疫系のNK細胞つまりナチュラルキラー細胞が知られているのです。NK細胞療法でがんの治療を行うことが知られています。そこでこの療法に関するさまざまな点ご紹介します。