がん治療に効果的?NK細胞療法とは

早期発見が大事

Permalink

どのような病気でも早期発見が治療の近道となりますが、癌の場合には特にそう言えます。癌は初期症状の段階ではとりわけ痛みなどの症状が出にくいものとされています。そのためもしも痛みなどで自覚症状が出た場合には、相当ステージが進んでしまっているということもあり得るのです。そうなってしまうとさまざまな治療法を駆使したとしても完治までには多くの時間やお金がかかってしまう可能性もありますし、最悪の場合生命に関わることもあります。そのような状況を避けるためにもできるだけ定期的に検診を受けることが大切です。無症状のうちに検診によってがんを発見することができれば、かなりの確率で癌の治療が成功するとも言えます。

研修癌によって現れる痛みもさまざまで、神経に浸潤していくことによる神経性の痛みの場合にはビリビリした感じがありますし、もし骨に転移している場合には骨が痛んだり少しの刺激で骨が折れてしまったりするということもありえます。また大腸などの周りに空間がたくさんある場所にできた癌細胞は、自覚症状として現れまでにはかなり癌細胞が大きくならないと分かりませんので、やはり定期的な検診が不可欠と言えるのです。癌は体のいろいろな部分にできる可能性がありますので、総合的な検診を毎年受けることをおすすめします。

いくらかかるの?

Permalink

NK細胞療法を行う際にはまず、患者から血液を50ccほど採取します。その採取した血液を元に2週間ほど無菌状態で数億から数十億個のNK細胞を増殖させます。患者の状態によっても変わりますが、基本的にこのように増殖したNK細胞を3ヶ月で6回ほど投与するのが1クールの治療となります。非常に効果が期待できる方法とはいえ、NK細胞による免疫治療法は保険外診療となりますので注意しましょう。

NK細胞副作用がほとんどないのが大きな特徴ですが、患者によっては軽度の発熱が認められることもあります。費用としては一回20万円ほどで行っているクリニックが多く、1クールで6回行うとしても100万円以上は見ておかないといけません。そのため日お面を考えると決して安いとはいえない治療法となります。しかしながら直接癌を攻撃することのできるNK細胞は、副作用がないだけでなく年齢とともに減少してしまうこの細胞の働きを活性化する治療法でもあるため、癌にかかりにくい体を作る上でも需要といえます。ナチュラルキラーつまり生まれながらの殺し屋という名前を持つこの細胞は、体の機能を奪う悪質な細胞を自力で見分けて攻撃することのできる優れた力を持っています。

NK細胞療法とは

Permalink

これまで人類は悩み続けてきた病気の一つであるがんですが、その治療法についてはこれまで数々の研究がなされ、その中でも1970年代に発見されたナチュラルキラー細胞、通称NK細胞は初期の生体防御機能において重要な役割を果たしています。近年ではNK細胞を利用して癌を治療する基礎研究や、臨床医学応用による癌の免疫治療というものも行っています。

癌これまで癌の治療方法としては手術による治療や抗がん剤投与による治療が一般的となっていました。放射線療法も広く行われそれなりの成果を上げてきましたが、こうした療法はどれも患者にとっては大きな体の負担ともなりかねません。また末期癌などにこうした治療法を当てはめてしまうと、副作用などによって体力が落ち、かえって寿命を縮めてしまうという危険性もあります。そのような中で近年期待されているのが第4の治療法としての免疫治療法です。免疫治療法とは患者一人一人の低下してしまった免疫力を高め、体内に侵入してしまったウイルスやしようといったものを排除するための治療法です。この治療法であれば副作用の心配もなく体に負担をかけないのが特徴です。そしてがん細胞を攻撃する主なものとして自然免疫系のNK細胞つまりナチュラルキラー細胞が知られているのです。NK細胞療法でがんの治療を行うことが知られています。そこでこの療法に関するさまざまな点ご紹介します。